神戸TRPGサークルジオラグ 活動Blog

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 雑記 □

活動再開です。

5月17日「2009年春ジオラグコンベンション」の延期に伴い、活動を自粛してまいりましたが、神戸市より「安心宣言」が出されたこともあり、6/7の定例会より、活動を再開していきたいと考えています。

今後とも、TRPGサークルジオラグを、よろしくお願いいたします。


さて、世がインフルエンザの対応で追われている間にも、TRPG関連の書籍が複数発刊されました!

5/20だけで、
[新米女神の勇者たち 5巻]
[アリアンロッド・サガ リプレイ アクロス]
[剣をつぐもの 1]
が発刊されました。


[剣をつぐもの 1]は、SW2.0監修の、北沢慶先生が満を持して送る長編小説ということで、
楽しみにしていたこともあり、即座に購入、読破させていただきました。
ダーレスブルクの街中での、駆け出しの少年少女達による冒険の始まり。
ルールブック2に登場している、NPC達も絡んで、物語に厚みを加えてくれます。
登場する敵は、世界における蛮族の脅威を、ストレートに感じさせる暴威を奮い。
少年達の孤軍奮闘に始まる戦いは、終盤に向かうにつれ、気持ちのいい飛躍を見せてくれます。

あとがきも含めて、今後の展開が期待される仕上がり。
次巻は、いつでしょう。
わくわくしながら、楽しみに待ち続けたいと思います。
それにしても、あとがきの最後で、北沢先生の名前の間に挟まれた文字・・・。
ブログを拝見させて頂きましたが、もう随分大きくなっておられるようです。
ご家族のご健康と、ご多幸をお祈りしております。



さて、[新米女神の勇者たち 5巻]。
もう、新米なんて言ってられない!
と、思っていたんですが、新米は、女神様の事だったんですね。
今までタイトルを誤解していました。あーはっはっは(笑って誤魔化す)

相変わらず、ぞんざいな勇者達・・・!
色々足場を固めるよりも、拙速を尊ぶ彼ららしい大胆な行動が今回も目立ちます。
それを見越した上での、最終話でのGMのシナリオ展開は、見事に嵌った形ですね。
久々に、秋田みやび先生の「ほんのりブラック」な一面を見せていただいた気分です。

メッシュが、「未だに一人もパーティーの入れ替えを経験せずに、めでたく五巻突入ですね」と言っていましたが、GMがGMだけに、あのシリーズを指しているのでしょうか(笑)。
ソラが言っていた、「○○○○ハイロード?」「HP必ず最後で1点残してくれるから」は、あの方の事でしょうか(笑)。
ジークの、「ガル○ドさんな、ノームの精」発言といい、このシリーズはくすぐりが多くて良いですね。
PLの方がハッキリと見えないタイプのリプレイは、こういうサービスが特に嬉しくて、ついニヨニヨしてしまいます。


そんなわけで、続々刊行が続くTRPGリプレイの書籍。
皆さんも、是非、お買い上げの上で楽しんでみてください。

以上、倉田でした。

→ 「雑記」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/05/31
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。