神戸TRPGサークルジオラグ 活動Blog

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ お邪魔してきました □

くわっぱ! クトゥルフ!

またまた倉田です。

6月15日、立命館TRPGサークル十周年記念コンベンションにお邪魔して参りました。今回は、同サークルのrado君に連れられて。

会場のキャンパスプラザ京都が、あまりにリッチ(死語)でのっけから仰天。
会場は綺麗に机が配置されており、イーゲルに掛けられたシステム名がとってもハイソ(微死語)な空間を演出。こいつぁ、ウチラもうかうかしてらんねぇぜ、とこっそり身を引き締めたり。

十周年記念のコンベンションという事で、代表の方の挨拶も、これまでとこれからを踏まえた力の入ったもの。拍手と共に開会式は進み、いよいよ卓分けです。


全部で六卓ある中で、倉田とradoが揃って手を挙げたのは、「クトゥルフTRPG」でした。卓紹介の間、他の卓にも目移りしましたが、実は、舞台が大正日本と聞いて、遊んでみたいキャラがあったのでした。

さぁ、運命のキャラメイクです! 雪山の異人館を舞台に起こる惨劇とくれば、景観もばっちり。GMの用意した写真資料は驚きのバリエーション。聞けば取材の為に家族旅行を計画したりもしたとか。凄いの一点張り!
ダイスを振って…キャラがだんだん出来ていく程に、笑いがこみあげてきます。イメージ通りすぎる!!
そして完成。「植田 寛」大学教授、32歳、長身髭眼鏡和製アフロ。空手の達人(型だけw)

とても全部はこの場に書ききれ無いけど、終わった時には膝が笑いだすくらい、全てを出し切りました。大満足!
GMの、「おかしい。クトゥルフってこんなに笑えるシステムだったかなぁ」とのコメントも嬉しすぎ。歯応えある謎を、“あの”ノリで最後まで演じ切れて実に充実した時間でした。
rado君の「家政婦は見た!」雨宮 冷子、ご一緒した蛸薬師 小次郎さんも、ありがとうございました!

特に、雨宮のキレのあるツッコミに感謝!

植田「ご安心ください。皆さんを退屈させない、アかデミっくな話題を御提供致しましょう」
雨宮「植田のやつ、また何かオカシナコト言ってやがる」

の、再現度に吹きましたw

クライマックスバトルでは、植田気絶(7ターンも)。そこまで再現するかというダイス目。蛸薬師さんの銃と、NPCの皆さんに頼りっぱなし、雨宮の火曜サスペンス攻撃(肉きり包丁)も空を斬るばかり。

命からがら脱出。異界に呑まれていく洋館。犠牲者三人を残し…あれ、隣で気絶してた記者の人忘れて無い?(オチ)

そんな訳で、とっても楽しませて頂きました! 立命館大学TRPGサークルの皆さん、本当にありがとうございました!


→ 「お邪魔してきました」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2008/06/17
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。